PROCESS + VIDEO // ‘Minimum Movement Catalog’ / 小川水素用語集 / DATABASE 2

This is a data base for movements in my choreography. I’ve been interested in the process of making choreography. I wanted to know how many movements I’ve created so far, and to classify these movements in categories to develop an ease and efficiency in developing my work. To exhibit my movements will also help me to know more objectively why I feel beauty in each one. To ensure this purpose, I am placing my fundamental movement ideas in this article by text and video. These fundamental movements will be combined, divided and arranged into new movements in the future. I hope you enjoy seeing my process of choreography using this database.

これは私の振付における動きのデータベースです。 私は、以前より振付の過程に興味があり、今までどのくらいの動きを作ったのかを知りたい、またそれらを整理して情報としてまとめたいと考えました。そうすることで自分の振付の 過程を効率化して、もっと楽に自由な気分で振付を作りたいと思ったからです。 自分の作った動きを改めて一覧することは、自分がなぜこれらの動きに美しさを感じるかと いうことを、客観的に知る手助けにもなると思いました。
その為に、ここでは、まず自分の基本的な動きのアイデアを文章とビデオで記録します。将来的には、それら基本的な動き群を繋げたり、分割したり、アレンジを加えるなどして新しい動きへと変化させて行きたいと思います。
読んで下さる方が、このデータベースによる私の振付の過程を楽しんで頂ければ幸いです。

...................
Rules for movement database
• Indicate purpose and self-interests for movements.
• Name each movement.
• Identify the beginning and end of each movement.

Rules for the further development to database
• Teach each movement to 3~10 dancers, testing each movement's concept and form in public.
• Make faster and slower versions for each movement.
• Seek movements in my daily life which are relevant to these fundamental movements.
• Consider these movements not only in the studio with one body, but also in an ordinary situation relating to the space and situation.

動きデータベースのルール
• 動きを行う目的と、なぜ私がその動きに興味を持ったのかを記すこと。
• 動きに名前をつける。
• 動きのはじまりと終わりと明確に記す。

今後のデータベース展開のルール
• 3人~10人に振り渡しをして、動きのコンセプトとフォームの公共性を試す。
• 動きの早回し/遅回しヴァージョンを作る。
• 日常生活の中で、これら基本的な動き(アイデア)と関連性のある動きを探す。
• それぞれの動きをスタジオ内や固有の身体のみにとどめずに、日常的な空間や時間背景と関連づけて考察する。

..................
Database 2 - Midline falling down「中心軸をたおす」
Purpose
My initial question for these movements in a standing position was how my body would reconstruct as I balanced myself on one foot as I shifted my weight beyond my feet. I tried falling down movements several times at the studio and I found that having a midline awareness in my body when you fall down helps realize the spot where to place your foot to support your weight. This spot I am designating the gravity point.
I found beauty when I saw movement from an internal motivation. Internal movements arise simple and natural impressions. When I move with midline awareness, I often notice organic systems in my body - it’s like having the whole nature in my body. Movements with awareness of the midline resemble movements in nature (falling down trees, waterfalls, etc). Consequently I see them as beautiful.

立っている時に、体重を、体重を支えている足の裏よりも外側へシフトして行った際に、自分の身体 がどのようにバランスを再構築するのだろうか、というのがこれらの「中心軸をたおす」動きを生み出 すきっかけとなった疑問でした。スタジオで身体を倒す動きを何度か試すうちに、私は「中心軸を意識 している」身体の状態であると、その崩れたバランスを支える力点(重力点)を見つけやすいというこ とに気がつきました。 ポーズなどの外側からの要因ではなく、内的なモチベーションから生まれた動きを美しいと感じます。 内的な理由の元に生まれた動きは、自然でむだのない印象を与えるからです。「中心軸を意識している」身体の状態で動く時、私は自然の摂理にかなう動きを自分の体の中に発見します、それは自分の身体を超えた自然界を身体の中に有しているような感覚です。「中心軸を意識した動き」は自然界の動き(木が朽ちて倒れたり、滝が落ちるさま)に似ていて、それを美しいと感じます。

[beginning] standing 立つ
[ending] catch my weight on one foot 片足で自分の体重を支える
[movement]


2)-1, Falling down towards back

2)-2, Falling down towards forward

2)-3, Falling down to side

Views: 56

Comment

You need to be a member of conectom to add comments!

Join conectom

© 2018   Created by LEIMAY.   Powered by

Badges  |  Report an Issue  |  Terms of Service